爪のトラブル

夏は足のサンダルにはペディキュアが映える時期ですconfident  
この1~2年間、私自身も足のペディキュアをネイルサロンでやっていただいています。人に見せるためでなく自分自身が気持ち良く過ごせるから、でしょうかconfident
最近はとれにくいジェルネイルをされる方も多く、それに伴い、かぶれやグリーンネイル(緑膿菌)などのトラブルも生じています。
ジェルは、柔らかいジェル状の色を塗ってからUVライトやLEDライトで硬化させるものですが、ジェルが柔らかく皮膚に垂れてかぶれたり、塗布前に接触をよくするために爪表面を軽く削っていくために爪が徐々に薄くなって剥離しやすい爪になってしまったりします。
また、長時間ジェル使用していると根本が少しずつ浮いてきてしまい、その下にできた隙間に水がたまり緑膿菌が増えやすくなります。
緑膿菌は湿度が低ければ増殖しにくいため、とにかくジェルを外して乾かすことが大切です。
また、ジェルが少しだけ皮膚にくっつくことによって皮膚の接触皮膚炎を生じ、炎症により爪剥離をとなることや、患部のみでなくアレルギー性に顔や首の皮膚に症状がみられることもあります。
ジェルではなく、私のようにペデキュア・マニキュアをするだけであってもトラブルが出ることもあります。
ひとつは爪の黄染で、少し爪が黄色くなります。これはマニュキュアの15%くらいをしめるニトロセルロースの成分によるものと考えられます。
もうひとつは除光液の成分のアセトンの脱脂による爪の乾燥や脆弱化です。
できれば除光液の使用は週一回の使用にとどめ、さらにノンアセトンタイプのものを使用することが勧められます。
ではやらなければよいのでは?と私自身もずっと思っていたりしましたが、女性にとっては爪は自分自身が毎日見るものであって自分にとっても気分的に大きな気分の高まり・プチハッピーにつながるものであることは痛感します!
でも自分自身の爪の健康ももちろん大切ですので、その兼ね合いを考えながら、正しい情報を提供しながら診療をしていきたいと思いますconfident
今年は長い夏休みをいただき、スペインの島々、南イタリアを旅行しましたsun
念願のずっと行きたかったポンペイを見れたり、ゆっくりと毎日ジムで長時間運動したり、往復の飛行機で沢山の映画や本を楽しむことができて有意義な夏休みでしたconfident
印象深い映画は、役所広司・樹木希林さんの‟我が母の記”です。井上靖原作の映画で、とにかく樹木希林さんの演技が演技とは思えなくすごい、涙が止まりませんでした。
また、昔のアメリカ映画、ショーシャンクの空に、も涙涙でした~
本は医学と関連のないものを何冊もあえて読みましたが、引き込まれたのが荻原浩さんの‟明日の記憶”です。若年性アルツハイマーを発症する男性が主人公なのですが患者さん本人の発症する前後の記憶の詳細や恐怖感が上手に書かれていて、当事者自身が一番怖く不安に思う気持ちが痛感され、いろいろな人の立場にたって思いやれる人になりたい、と改めて思いました。
旅行中ご一緒することのあったフランス在住のチャイナの奥様からは、私の拙い英会話能力で想像するにcoldsweats01テロに屈しないパリの人々の強さを感じ(パリではテロの話をすること自体テロリズムに屈することになりあまり話題にもしないそう~)、観光中も明るく人を思いやれるドイツ人のご夫妻からは日本人に通じる思いやりの精神を感じ、印象深い他国人との交流を、とても幸せに感じることが出来ましたdelicious
長いお休みをいただきましたが、気持を切り替え、またしっかりと仕事をする活力となりましたconfidentまた一日一日まじめに過ごしていきたいと思います!

久しぶりのニキビ

毎日忙しいながらも運動で発散しながら元気に過ごしておりましたが、ここ数週間、皮膚科外来の夏の多忙と、クリニックの税務調査があったり、プライベートでも色々なストレスな出来事が重なり、自分の許容量を超えてしまった感じで あー、疲れたな~と思っていたら久しぶりに鼻の下にニキビができてしまいましたgawk 食事もまあまあ気をつけているし睡眠も運動もほどほど、便秘もなく調子良いと思っていましたが、やはりストレス?と思いながら、デュアックゲル、を塗っています。 今は気持ちも普段通り前向きに戻り、元気も出てきたのでこれ以上ニキビが出ないよう、良くなってもべピオゲルを塗っていきたいと思います。

ニキビの治療ガイドラインは今年5月に改定されました。

今まではニキビは感染症としての抗生剤内服・外用の治療、唯一ディフェリンゲルで面皰抑制、ニキビの予防を行っていたのが現実ですが、それにここ1~2年で、べピオゲルが誕生して、耐性のできにくい抗菌作用と角質ハクリ作用でニキビの前段階である面皰を抑制することができるようになりました。

今までの、ダラシンやアクアチムなどの抗菌剤外用は日本でも耐性が増えてしまい、効きが減弱しているという現実から、耐性の出来にくいべピオゲルや面皰抑制効果のあるディフェリンゲルを積極的に導入していくことが大切であると考えられています。
では、べピオとディフェリンの違いは?というと、2015年岡本先生が報告されたマウスの実験では、ディフェリンは外用開始後3週間で面皰が減ると同時に大きな炎症性浸潤が3週間後まで続いたのに対して、べピオでは7週間後に面皰が減っており、炎症性浸潤も小さかった、という結果から、べピオは面皰抑制まで時間がかかるが炎症反応をあまり起こさず緩やかな改善が期待できる結果となりました。

べピオは角層ハクリ作用により、保湿を十分しないと赤く乾燥が生じることもあり、特にすぐにそれが出ずに2週間後ぐらいに赤く一過性に皮膚炎をおこすことがあり、このヒリヒリした刺激感は十分な保湿を併用することによって改善することも多いため、かぶれかと思って全く中止するかどうかは十分考える必要があるようです。

炎症期は、抗生剤ダラシンとべピオを合わせたデュアックゲルをしっかり外用し、炎症期を過ぎたらできるだけ耐性のでないべピオやディフェリンへ変更していきたいです。

あとは気になっても絶対触らないようにすることも大切です!

私もニキビをつくっていてはマダマダ若輩者、恥ずかしい限りですが、淡々と外用、そして食事運動、なによりストレスを感じないように淡々とやるべきことを出来るような人間になっていきたいです。

子供達も夏休みに入り、geminiの個人面談があります。先生からいろいろ言われることもありますが、親は子供の一番の味方、なんと言われようと良いところを見てあげて伸ばしていってあげたいと思いました
高校生はさすがに本人の面談だけで親の出る幕はなく、確かに親に言われても本人の自覚問題の年齢になのでしょう、最低限の勉強はしながらも、友人といろいろ学生生活夏休みをenjoyしているようですconfident 昨日は高校生クイズに行った!という事で関東大会にいつの間にかエントリーして友人たちと出たようです、結果は途中まで結構正解して140位くらいまでいって、イケるんじゃね?と期待したようですが、そのあとの超難しい70問の質問が全くダメだったらしく、敗退。大ファンの乃木坂さんを生で見れて大満足であったらしいですsmileそれが目的だったのでは?と思ってはいますが。
思い返せば、私も高校生クイズ、行きました、西武球場!すぐ敗退したことしか覚えてないですが、でも友人たちと服もそろえて楽しかったな~。
いま息子がその青春真っ最中にいるのをみると、本当にうらやましくなりましたconfident

私もせいぜい、空手でますます上の帯に行けるよう(先日の審査で紫帯になりましたhappy01)、上を向いてまた頑張っていきたいです!

円形脱毛症について

この暑い連休中、鳥居薬品さんからいただいた雑誌の中で浜松医大の伊藤泰介先生の記事、円形脱毛症についての最新記事があり、チェックしました。

円形脱毛症は、本来成長期にあたる伸びる毛が抜けてしまう状態で、幼少児から大人まで発症し、抜け毛が広範囲になると隠すのが難しくなりQOLが大きく低下してしまいます。

大抵の場合は全身に問題はありませんが、一部に甲状腺・膠原病・一型糖尿病など自己免疫疾患を合併することがあるため、時に採血でそれらを除外します。

精神的ストレスはきっかけになることはあっても、それ以外に疲れ・不眠や出産、ウイルス感染、外傷など誘因は様々です。
免疫に関連する分子の遺伝子の体質と、発症のきっかけとなるような疲労・ストレス・ウイルス感染・外傷などが誘因となって、毛包周囲で自己免疫反応が増強され、自己の毛母細胞が攻撃されて切毛・折れ毛・感嘆符毛など病的毛ができ、抜けていきます。

病的毛が多数みられる場合はステロイドの局所注射や内服ステロイドのミニパルス療法などが効果的です。そして何より、体調管理や生活習慣を整え不眠や疲労などの誘因が生じないように再発防止することが大切です。

髪の毛は普段存在していて当然に思ってしまう体の一部ですが、いざ抜けていくとショックと不安で男女問わず精神的にもつらくなります。

抗がん剤などの薬の副作用で抜けるのと異なり、円形脱毛症による脱毛はある日突然発症し、先の見通しがつかないくらい抜け毛が続く場合もありより不安感が強まります。

その時その時の病態を診察して先々の見通しをお伝えすることも大切だと感じましたconfident

連休初日の昨日、自転車のトレーニングジム、フィールサイクルを再チャレンジしてきました!前回の初回と違って今回は勝手がわかり、サボるところはサボって時々サドルに座りながらトレーニングしたため余裕があり、とっても楽しかったです!グレーのTシャツが濡れて全面黒くなるほど多量の汗をかき、終わった後は爽やか気分爽快smile
そのあと、六本木ヒルズのバルバッコア(ブラジル料理)で沢山のお肉・シェラスコとサラダと美味しいソフトクリームをいただき、充実した休日となりましたdelicious
フィールサイクル、また是非行きたいです!

アトピー性皮膚炎診療ガイドライン

昨日、アレロックの協和発酵さんの講演会で、京都府立医大教授の加藤先生の‟アトピー治療のアドヒアランスを向上させるために”のお話をうかがいました。

まず、アトピー性皮膚炎のガイドライン2016による治療のポイントです。

1.プロアクティブ療法

炎症の繰り返す部位の緩解維持療法にプロアクティブ療法が勧められる、つまり、皮膚症状が軽快したあとも、プロトピックやステロイドを週2~3回くらい外用を継続すること。

2.皮膚バリア機能をもとに戻すための保湿外用のすすめ

皮膚が軽快しても保湿することによって痒みの抑制や炎症の再燃の抑制ができること。

3.痒みに対して抗ヒスタミン剤の内服も有効である。

4.汗は悪化因子とされてきましたが、汗には温度調節だけでなく感染予防、保湿といった大切な役割があり、発汗は積極的に、かいた後の汗は放置しないことが大切である。

5.妊娠中・授乳中の食事制限はアレルギーの発症予防に有効ではない。

6.治療薬のアドヒアランスを高める配慮が必要である。患部に塗る量や塗るタイミングを具体的に説明する。しっかり外用することにより、まずは皮膚が良くなりきれいになる感覚を味わってもらう。そのうえで積極的に治療を続けてもらう。

具体的に加藤先生はご自身の腕に具体的に薬を適量外用し患者さんに見せていらっしゃるそうで、思ったよりたっぷりと塗らなくてはいけないことを再確認される患者さんが多いそうです。
限られた診療時間内で、でも一人一人丁寧に診察させていただく、このことがお一人お一人の治療のアドヒアランスを向上させていくことにつながるのだろうと思いますconfident

本日知り合いの方と、フィールサイクルというスポーツジムを体験してきましたheart04
車輪の重さが調節できる自転車に乗りながら、インストラクターの方の指導のもとにこぎながら筋トレしたりダンベルトレーニングしたりする45分間のトレーニングです。
体験する場合は一番優しいコースしか参加できないのですが、普段少しだけ運動しているので何とかいけるかと内心思っていた自信は見事に打ち砕かれ、最後の10分は立ちこぎや激しい動きについていけず~catface とにかく動きが速く激しく、立ちこぎやら腰を後ろに引いたり戻したり、と思ったよりずっとハードで大変でした~happy02
体幹がしっかりしていればこぎ続けていても太ももが痛くなることがなく、筋肉痛にもなりにくいそうですが。今夜の限りでは、サドルに激しく当たっていたお尻が痛いcatface
水をかぶったような大量の汗をかき、終わった後はすがすがしく気持ちよい1時間で、またやりたくなってしまう楽しさでした!トレーナーさんによると、慣れの問題で、慣れると速さにもついていけるし、体幹がしっかりとれると筋肉痛やお尻の痛みも出なくなるそうです。
また是非やってみますwink

脱毛症講演会

昨日木曜日夜、タリオンの田辺三菱製薬主催の講演会で東京医大教授の坪井先生のご講演を聞きに行きました。坪井先生は私が研修医だった際に順天堂皮膚科で助教授をされていらっしゃり、細かい臨床面から論文の書き方など様々教えていただき、本当に心から慕う大好きな先生です。お話は脱毛症に関しての1時間のご講演でしたが、とっても濃密で有意義なお話でした。

円形脱毛症を代表とする自己免疫性脱毛症、
男性型・女性型など年齢に伴うパターン脱毛症
休止期脱毛症 (出産・発熱・体重減少・薬剤内服などに伴う)
瘢痕性脱毛症

などについてのお話がありました。

まず、成長期(のびるべき時期)が破壊されて抜毛すると円形脱毛症であり、髪の根本が黒くなります。それに比べ、根本が白くなる場合は、休止期脱毛か円形脱毛症の回復期毛です。
休止期脱毛とは出産や発熱・体重減少・薬剤などによって一時的に脱毛する症状のことです。

円形脱毛症は成長期の伸びるべき毛が自己免疫的に攻撃されて脱毛する状態ですが、アレルギー素因のある方ではタリオンなどの抗アレルギー剤の内服を併用したほうが効果的です。ステロイドの外用・局所注射などにより局所の攻撃炎症を抑えることが重要です。
最近の海外では、高脂血症の飲み薬のゼチーアやリポバスが軽症の円形脱毛症を改善させるという報告もあるそうで、今後の検討が期待されます。実は私自身も遺伝的な高脂血症でゼチーアを内服していますが、これらの薬には免疫調整作用があるそうです。

次に、原発性瘢痕性脱毛症のお話を伺いました。毛孔が消失するこの脱毛症は、エリテマトーデスや毛孔性扁平苔癬やブドウ球菌感染によるFolliculitis decalvansなど何種類か存在し、慣れないと診断さえ難しく感じました。

また、ヘアケアの注意点として、
タンパク質を十分とるバランス良い食事
シャンプーの回数を減らす
  (3日に一回以下、脱脂しすぎると髪が細くなる)
リンスは十分して頭皮に保湿する
ドライヤーは軽く短めに
  (強くかけすぎると毛の先が割れて裂けてしまう結節性裂毛症が生じることがあります)

その他、男性型のパターン脱毛に有効な新薬・ザガーロのお話もすこしあり、本当に勉強になりましたconfident

梅雨に入り蒸し暑い毎日です。変わらず週3日の30分パワープレートでの筋トレと週1日の空手でめちゃくちゃ汗をかくのが一番のストレス発散ですdelicious
筋肉を今以上落とさないよう継続し、夏バテしないようにとにかく淡々と、でも少しでも上達するように継続していきたいと思いますhappy02

皮膚科学会総会at京都

本日、日本皮膚科学会の総会が京都国際会館で行われ、日帰りで京都に行って来ました!
京都に着いた時にはすでに10時過ぎで午前中は 発汗異常と皮膚 についての講演を聞きました。 アトピー性皮膚炎では症状が悪くなると発汗が減少し、汗による抗菌作用、保湿作用、体温調節作用が働かなくなってしまうため、どうにかして発汗を促したいものです。現在の時点で一番勧められているのが 43度の足浴 との事でした。足浴を継続する事により、かきにくい汗を少しずつかきやすくさせる効果があるそうです。
また、保湿剤のヒルドイド、特にソフト軟膏よりもヒルドイドクリームの方が、外用することにより汗を促す効果があり、特に塗った後にサランラップを巻くというODT療法を頑張って行う事によりかなりの量の発汗が生じて痒疹や硬くなった湿疹が平らに改善していくということがわかりつつあります。
ただ、これには一つ条件があり、とにかく塗る部位がベチョベチョになるほどの多めのヒルドイドをぬる必要があり、ラップで巻いて蒸らすと効果は高いのですがかなり途中蒸れて赤くなり、中断したくなるくらいの赤み、蒸れになり、それから急に皮膚が改善していくとの事です。赤く蒸れた場所は実際リンパ球がたくさん集まり、それがアミロイド苔癬のアミロイドやもともと起こった皮膚炎症のリンパ球を貪食して皮膚炎が軽快するそうです。
まずは場所を限って1週間外用してみましょう!との事でした。

その後、男性型脱毛症のランチョセミナーでAGAの鑑別診断や植毛についてのお話を聞きました。男性型脱毛症と思われる症状でもよく診察すると、円形脱毛であったり、亜鉛欠乏による脱毛であったり、骨髄移植後の脱毛であったりする事もあるため、慎重に診断してからフィナステリドの内服をスタートするべきであると再認識しました。また、東京メモリアルクリニック.平山の佐藤明男先生に普段なかなか見ることのない植毛の症例をたくさん見せていただきました。医師によりいかに自然に上手に行うかが差が出てきてしまうものなのできちんとした医師に紹介するべきだと感じました。

せっかく京都に来たのだから、と一人で帰り際に京都駅伊勢丹の有名な抹茶パフェをペロリといただき、少しだけ京都気分を味わってから今帰京しています!都路里ツジリパフェ❣️美味しかった~♪
京都、いつかゆっくり1人でまた観光したいです♪

汗とコリン性じんましん

5月にしては暑く日差しの強い日が続いています。少し運動しただけで、しなくても、汗をかく機会sweat01が多くなりました。
汗には、NACl、K,重炭酸イオンや乳酸、尿素、アンモニアなどが含まれ、これらは体温調節に役立つだけでなく、乳酸や尿素は保湿や角層バリアの維持に役立ちます。また、最近の研究では皮膚常在菌であるマラセチア由来のタンパク質(MGL₋1304)が汗に含まれていて、アトピー性皮膚炎の方の汗アレルギーには、この汗の中のマラセチア由来タンパクへのアレルギーが関与しているのでは、と言われています。

また、蕁麻疹の中でも、入浴や運動・発熱などの体内深部の温度上昇に伴って生じる“コリン性蕁麻疹”は、体温上昇時だけでなく時に汗をかきにくくなる乏汗症や無汗症を発症することがあり、汗との関連が考えられてきました。
コリン性蕁麻疹は冬の方が生じやすく、夏の発汗時には生じにくい症例が多く、単に汗をかくことでアセチルコリンが活発化して肥満細胞からヒスタミンを放出しやすくなる、というメカニズムでは説明がつきません。
いろいろな説が考えられていますが、冬では皮膚が乾燥して汗が通過しにくく、表皮の外に出る前に真皮内に漏れてしまい、汗アレルギーにより蕁麻疹が出る、そして発汗が減少しやすくなります。

また、乏汗・無汗を伴うコリン性蕁麻疹の方では、減汗部・無汗部ではアセチルコリンの受容体の発現が減少したり全く無くなっていることが分かっています。この部位での汗管周囲にはリンパ球が浸潤していて、その炎症により汗が出にくくなっています。ですから、治療としてステロイドの投与を行うことによって汗管周囲のリンパ球浸潤がなくなり、アセチルコリン受容体の発現が回復し発汗も回復して、その後膨疹などの蕁麻疹症状が軽快していくと考えられています。

まだまだコリン性蕁麻疹と無汗との関係には未知のことが多く、難しいです。
ヒスタミンが遊離されるとはアセチルコリン性発汗を抑制することが分かっており、抗ヒスタミン剤が無汗症の治療にも用いられています。
汗をかくことはこれからの時期多くなり、皮膚の痒みが悪化するため汗を敬遠しがちですが、しっかり汗をかいて汗の保湿効果や抗菌効果を期待していきたいですねdelicious

アトピー性皮膚炎の方では、汗のかける量が少なく、汗をかくまでに時間が長いことが分かっています。それでも、入浴や運動で汗をかくように促すことによって発汗反応が正常化して皮膚症状も良くなると報告されています。また、まだ開発段階ですが、アトピー性皮膚炎の汗アレルギー反応を抑制するのに、“タンニン酸”が有効で、タンニン酸配合のスプレーが汗をかいた後の汗アレルギー対策として現在開発途中で期待されています。
どちらにしろ、汗を避けることなく、汗をかき、かいた汗を長時間放置しないように気を付けていきたいですconfident

今読んでいる本は“ニューヨークの女性の強く美しく生きる方法”という本で作者はニューヨークで起業した宮坂えりかさんです。日本人女性とは少し違うかもしれないNYの女性の内面の美しさが少しわかり、気持ちが前向きになる本です!
何より自分に自信を持ち、自分自身で選択肢を選び、他人と比べない幸せを満喫する、という信念は男女問わず素敵なことだなあ~と思いましたheart04

いろいろなアレルギー

長いGWのお休みをいただき、普段なかなか読めない医学雑誌を読む事ができました。
中でも面白かったのは、様々な食べ物アレルギーの存在です。
まず、納豆アレルギーです。納豆の粘稠物質に含まれるポリガンマグルタミン酸(PGA)がアレルゲンとなり、遅発型アナフィラキシーとして食べてから半日経過してからアレルギーが発症するため診断がつきにくいという特徴があります。
通常の食べ物アレルギーは摂取後2時間以内に発症しますが、納豆の場合は半日(5ー14時間)以上経ってから発症し、蕁麻疹や呼吸困難や血圧低下などのアナフィラキシーとしてでるのが特徴です。抗原となるPGAが分子量が大きいために吸収される分子量に分解されるまで時間がかかるためと思われています。納豆の原料であるダイズのアレルギーとは異なるため、診断は、納豆そのものを用いるプリックテストが1番有用で残念ながら納豆やPGAに対するIgE検査は市販されていません。
また、PGAは納豆のみでなく食品やスキンケア商品にも添加物として利用されているため、それらにも注意が必要です!
そして面白いことに、納豆アナフィラキシーの患者さんの中にはサーファーwaveやマリンスポーツ愛好家が多く、クラゲが毒針を刺す時にPGAが産生されるため、それが経皮感作され納豆アレルギーを発症させた可能性も大きいのです。
マリンスポーツwave愛好家以外でも,PGA含有スキンケア製品を使用し続けることで経皮感作を起こし納豆アナフィラキシーを起こすことがあり、注意しなくてはいけないようです。
私達の身近なものでも様々なアレルゲンがひそんでいることを考えると何も使えなくなってしまいますが、知識として知っておく必要があるのだと思います。

その他、旧カンパリやスプモーニなどのカクテルwineや、イチゴ牛乳、紅いマカロンなどのコチニール色素のアレルギーも、主成分であるカルミン色素を含む口紅やチークなどにより経皮的に感作がすすみ、マカロンなどを食べた時にアナフィラキシーを発症させる事も考えられ、改めて経皮感作の怖さを感じました。

これらのアレルギーは知識として知っているか知らないかが大きく診断や予防に結びつくため、様々なアレルギーを知ることの大切さを改めて感じました。

» 続きを読む

季節の変わり目の肌荒れ:過敏肌、脂漏性皮膚炎について

比較的寒かった桜の時期が終わり、気温の変わり目で皮膚トラブルの多いこの時期です。
今まで使用していた化粧品やスキンケアで急に刺激が出たり、体調により肌がざらざら炎症を起こしやすい、過敏な肌が起こりやすい時期です。
女性でも男性でも、顔の脂漏部位、Tゾーンや鼻から頬にかけて、ほかにも頭皮や背中にかけて炎症が起こる‟脂漏性皮膚炎”ですが、皮脂が多すぎて出るわけでもなく、日本人の4~5割が“脂漏性素因”を持ち、体調や気温差などによって脂漏部位に皮膚炎を生じやすくなります。

具体的には、髪の生え際・眉毛まわり・小鼻のまわり・うなじ・頬の外側などにザラザラした皮膚炎が生じて、赤み・カサカサした皮剥けが増えて、時に痒みが出てくるとカサブタやジクジクが生じて悪化してしまうこともあります。

春先や秋口などの季節の変わり目に多く、乾燥や肌荒れなど皮膚バリアが低下した状態ではより症状が悪化します。また、自分の体調・寝不足やストレス疲れによっても悪くなります。
加えて今の時期は、外からの刺激物・花粉やホコリ、洗浄剤や化粧品によりカブレを合併してさらに症状が悪化します。

皮膚に常在している真菌・マラセチア(癜風)は脂漏部位に常在していますが、脂質によって増殖してある程度増えると表皮に炎症を起こすため脂漏性皮膚炎の症状を悪化させることがありますが、感染症ではありませんのであまり神経質になることはありません。

治療は症状が強くないときはステロイド以外の塗り薬でよくなることが多いですが、根本的には皮膚のバリアを整える保湿をきちんと行うことも大切です。

私たち大人の顔の皮膚は外界の影響を受けやすく、気温の変化や乾燥・洗浄など外からの因子に加えて、疲れストレス・栄養バランス・加齢など様々な中からの因子もあり、皮膚のバリア機能が低下しやすくなります。バリアが低下した表皮角層からは外からの刺激・花粉ほこり、PM2.5・化粧品など多種のアレルゲンが入りやすくなってしまい、皮膚の炎症が生じます。皮膚の炎症が生じると角層の水分量が下がってよりまた皮膚のバリアが低下してしまう、という負のスパイラルによって炎症が悪化してしまいますので、どこかで断ち切らなくてはいけません。いちばんは、とにかく皮膚の角層バリアを乱さずに保湿を心がけることです。

洗顔の際に落としすぎない、皮膚表面に摩擦をかけない極力触れない、保湿をきちんと行う、ということでしょうか。

私自身も30代は全く乾燥知らずで、自分の肌を脂性と決めつけてピーリング石鹸を毎日使用し、夏場はビタミンローションを化粧水代わりに塗るだけで快調でしたが、42を過ぎた後から急に乾燥しやすく過敏になってきました。現在気を付けていることは、洗浄しすぎない、クレンジングもクリームタイプでシングル洗顔にし、スキンケアもシンプルにあまり肌に触らないように、ビタミンC+Eローション、エンビロンのビタミンA乳液、最後にセラミドクリームで保湿、この3点を肌に乗せるように塗って終了しています。本当に保湿して角層バリアを維持することは大切だと実感しています。
この気温差の多い時期を乗り切るためには、保湿・肌を極力触らない・落としすぎない、そして何より適度な睡眠・食事・運動・ストレスをためない、も大切ですねconfident

4月も半ばとなり、子供たちも新学期がスタートです。
長男も春休みのNZホームステイが終わり高校からの新メンバーが加わり高校生活が始まりましたが、あまり気分的には変わらないかな?NZの感想は、NZの女の子がみんな可愛かった!ともっとNZに滞在していたかった様子deliciousでした。同級生の日本人女子達はホームシックになってしまった子もいたようですが、男子たちはNZの女の子が可愛い!と喜んでいた子も多かったようですdelicious 何はともあれ、良い思い出になり良かったです~
下のgeminiたちも小3になり、クラスも別々、一人は担任の先生が新卒のイケメン先生らしく、毎日一緒に外で遊んでくれる、しかもとてもカッコいい、喜んで登校していますheart04他のママの情報でもかなりカッコいい爽やかな先生らしく~夏休み前の個人面談、私も今から楽しみですdelicious

私自身の今学期の目標は、出られる勉強会・講演会に出て情報を取り入れること、そして週3回のパワープレートでの運動を継続すること、空手の次の帯の色、紫帯をとること、1時間半の空手の時間を集中して多くを吸収すること!
なにより継続し続けること、を頑張りたいと思いますconfident

ゼピアックスローション・べピオゲル講演会

先週末、まだ桜が開花した直後の先月末の日曜日に、マルホさんの全国講演会があり、ニキビ治療薬の、ゼピアックスローション、べピオゲルの講演を聞きました。

ニキビは、一昔前までは皮膚感染症とみなされ、抗生剤内服と塗りで治療するものという考えでした。現在では、毛包の角化異常と、アクネ菌が関与した慢性炎症と考えられ、単なる感染症として治療するべきではないと考えられています。

べピオゲルはマルホから販売されてから1年経ち、その面皰・小さなニキビに対する効果は実感されています。
過酸化ベンゾイルという酸化剤が、分解されることによりフリーラジカルを生じ、それが殺菌作用を発揮するのと同時に、角層同士の結合をゆるめて角層ハクリを促進させる効果があり、詰まりをとりやすくなります。
短時間でも殺菌力は強いのですが、抗菌剤ではないため耐性ができず、殺菌効果が弱まることがないので長期に使えるのが嬉しい塗り薬です。
実際、角層ハクリ効果による面皰(皮脂の詰まり)を少なくさせる効果は強く実感していただくことができ、単なる抗生剤でないところが治療する者にとっても効果も確かで処方しやすい薬です。
今までの単に抗菌剤に依存したニキビ治療から脱却するにはディフェリンゲルと共に重要な薬になっています。
実際の塗り方のポイントは、炎症性・非炎症性ニキビも含めて広めにのばすこと、特に口周りや顎の繰り返すニキビにも有効であるのにディフェリンゲルほど乾燥しないため、乾燥しやすい口周りにもたっぷり外用すると良いようです。
まれに、主成分の過酸化ベンゾイルにかぶれることがあり、初日からかぶれる方のみでなく、2週から4週してから急にかぶれて赤くなる方もいて、少し注意が必要です。

ゼピアックスローションは新発売されたニキビのキノロン系抗菌塗り薬で、少しダラシンに似たトロッとしたジェル状塗り薬です。
従来のアクアチムやダラシンの耐性菌にも有効ですが、ゼピアックスの耐性変異株は
今のところ出来にくいと考えられています。
ニキビ菌だけでなくブドウ球菌にも有効で、一日一回の外用で抗菌力が発揮されるのも特徴です。

どちらにしろ、長々と抗菌剤を使用することは控えなくてはならず、ニキビの急性期と維持期に治療を分けて考えなくてはいけません。つまり、急性期の抗菌剤は6週から12週、3ヶ月以内にとどめ、維持期はディフェリンゲルを中心に抗菌剤を重ねるのは控え、必要な時はべピオゲルを使用するのが望ましいのでしょうか。

この2剤に関して、一つ注意点があり、べピオゲルとゼピアックスローションを同時に塗ると黄色い色に着色することがあり、原則同時には塗らないようにしなくてはいけません。これはゼピアックスのオゼノキサシンの結晶が出てくるためで、急性期に同時に使うときは、朝ゼピアックス、夜べピオなどと、時間によって使い分ける必要があります!

この1年で、べピオ、デュアックが登場し、新しい抗菌剤ゼピアックスもスタートし、ニキビ加療はますます、急性期と維持期(予防期)にわけた治療が可能になったことは嬉しい限りですconfident

先月末の週末は、4年ぶりに順天堂医局時代の先輩女性3人とお会いし楽しい女子会を企画、楽しみました。お一人は皮膚科のみでなく漢方専門医でいらっしゃり、久しぶりにお会いするなり、‟一見元気そうだけど少し疲れている”などと鋭く指摘、さすが漢方医、と驚きましたcatface 私は、パワーがあり元気そうという印象で嬉しかった~delicious
仕事の話は案外少し、プライベートの趣味やお二人はシングルでしたので恋バナで少し盛り上がり、楽しい夜になりました。皆さん40~50代の先輩女性ですので、仕事以外でも心に残る人生のアドバイスをいただき、有難い限りの夜でしたheart04

今、斎藤一郎氏の‟幸せを引き寄せる笑顔の法則”を読み始めています。
笑顔はいろいろな意味で大切なのだと実感させる内容で、それが始めは心からの笑いや笑顔でなくても、作り笑いでも少しはストレスレスなポジティブ思考に効果はあるそうで、面白いですdelicious 確かに、同じ時間を過ごすならば笑顔でいたほうが自分はもちろん周りもハッピーな気持ちになり、幸福感につながり、しいてはアンチエイジングにつながるという事は大きい効果です。
疲れたり体調が悪かったりするとナカナカ心からの笑顔は作れないですが、まずは作り笑顔であっても、くだらないお笑いTVの笑いでも、えがお、心掛けたいと思いましたconfident

«アトピー性皮膚炎:栗原先生講演会