« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

エピデュオゲル講演会

7月に入り毎日夏日sunが続いています。毎日外に出るだけで紫外線を浴びるだけで疲れが出やすいですが、しっかりとした食事と睡眠で何とか乗りきりたいです。
先日、マルホさん主催のニキビ講演会で韓国のニキビ加療で著名なDae Hun Suh先生のお話をうかがう機会がありました。
韓国ではイソトレチノイン内服など日本では保険適応のない薬も処方され日本よりもざ瘡治療はすすんでいますので、お話をうかがっていてもより日本よりも積極的に治療しているイメージを受けました。
先生はにきび炎症期であっても、ディフェリンとベピオの合剤であるエピデュオゲルを最初から積極的に使用されています。
ディフェリンは角質が厚くなるのを防ぐのみでなく、具体的に炎症を抑制する抗炎症活性を発揮したり表皮の免疫システムを調整したりすることによってC.acneに対する抗菌活性を強める効果があります。
ベピオは角質融解作用が強く脂肪酸も低下させ、抗菌剤ではないですが殺菌作用も持つくすりです。
この2剤が合わさったエピデュオゲルは抗生剤が含まれていないため耐性菌もできず、長期使用ができるのも特徴です。
研究でも、4週間外用でC.acneを93%減少させ、従来のニキビ抗生剤に対する耐性株を93%減少させました。
韓国ではエピデュオゲルが出てから7年以上経っていますが、炎症ニキビの方・面皰中心の方両方において有効性が認められています。
エピデュオゲルの初期の副反応として起こりうる、乾燥紅斑・刺激感・かゆみに対しては、韓国でもやはり皮膚科医が使用方法を具体的に説明しています。
まず、ノンコメドジェニックの保湿剤(面皰ができずらい・油性でない保湿)を塗った後、ごく少量を、初日は径2㎝以下の面積にとどめて一日ごとに直径1cmずつ塗る面積を広げていく、全顔の場合は数日かけて全顔に広げるようにすること。
3、4週間くらい経って慣れてきたら、先にエピデュオ、その後保湿剤、と順番を変えていくこと。
目の周りや口周りの乾燥しやすい部位は避けること。
最初は数分間刺激があるのが通常ですが、ふつうは徐々に慣れて2週間以内には消失していくこと。
エピデュオゲルは小児期(9歳から)から使用でき、思春期ニキビを初期に予防することによりニキビ瘢痕も防ぐことも可能で、耐性菌もないため慣れてきたら長期に使用することもできます。
韓国では顔や体にはの重症ざ瘡内服のイソトレチノインが処方でき皮脂分泌の低下作用が強くとてもよく効くそうです。イソトレチノインほどではないですが、アンドロゲンレセプター阻害剤でもあるスピロノラクトン内服も皮脂分泌を低下させて効果が強いです。
韓国では美に対する意識が幼少時より強いですし、積極的に効果の高い薬は副作用に注意しながらも使用していく印象でした。日本人では肌質も考えも異なりますが保険適応のある有効な薬は副反応に注意しながら積極的に使用していきたいと改めて感じました。
 
最後の質疑応答でエピデュオゲルの使用していると炎症ニキビや面皰が減少しても、紅斑がしばらく残ることがあることへの対策について、先生は、待つしかない、赤みが重症な場合はダイオードレーザーで加療されるようですが、基本的には2,3ヵ月待てば徐々に良くなる、と説明されているそうです。
ふだんなかなか聞くことのできない、より進んだ海外の治療のお話をうかがう機会は大切だと実感しました。
 
7月も半ばが過ぎ、1学期もあとわずかです。 先日高3長男の塾の親の個人面談がありました。何か聞くことあるの、言うことあるの?と本人に事前に確認するも、ね~よ、と。
本人の状況も模試結果もほぼ分かっていない私が聞くこともないのですが、先生からはこのまま親はノータッチでいてください、(うちの子はともかく)優秀なお子さんは皆、親はノータッチです!と親としてはその手の掛けなさを褒められましたcoldsweats01 ですよね~、本人ですよね~。
この夏は毎夜のsoccerワールドカップTV観戦もやりつつ、高3最後の⁇乃木坂コンサートも行きつつcoldsweats01、受験生の夏休みです。
小学生達の個人面談はこれからですが、一人は先生に平謝りの面談になるかな~happy02
どちらにしろ、ふだん送り出すのみの子供たちの様子がわかる面談は大切だな~と実感する時期です。
 
本格的にこう暑い夏が始まると気持ちがウンザリしがちですが、今日feel cycle でsummer特集のプログラムを受けました。夏のポップで元気がでる曲を集めた45分間、明るくのせてくれるインストラクターの方のお陰で、夏を楽しく迎える気持ちに少しだけなりました!
いつもの場所で、いつも会うサイクル仲間たちと、楽しかったね~また受けたいね~と笑顔で楽しい時間を共有できてより幸せ。
明るいって、いいですね。私もなるべく気持ちを明るくできる人でありたいな~と最近思います。頭であれこれ理屈を考えすぎず、その時の自分の気持ちに正直に、活動するときは活動する、休むときは休む、気持ちを明るく持ちながら暑い夏を乗り切っていきたいと思いますconfident

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »