« 制汗デオドラント剤について | トップページ | コチニール色素による、皮膚経由の食物アレルギーについて »

花粉ー食物アレルギー症候群について

自粛期間のうちにすっかりと春のスギ、ヒノキ花粉の時期が過ぎ、これからは夏のイネ科〔カモガヤ、オオアワガエリ〕の時期になります。最近めっきり有名になりましたが、大人になってから、花粉アレルゲンの交差反応による果物🍎などの食物アレルギーが発症して食べられなくなることがあり、花粉ー食物アレルギー症候群(PFAS pollen-food allergy syndrome)といいます。最近は花粉症の低年齢化に伴いPFASも幼児期から高齢者まで幅広い年代でみられるようになりました。

原因食品は、果物、野菜、大豆(豆類)、スパイスなどの植物由来の食品で、摂取直後に口腔咽頭症状だけ現れることが多く数時間以内に消退する事が殆どです。アレルゲンは、PR-10とプロフィリンという広く保存されるタンパクのため、一度感作されると、広範囲にわたる交差反応が誘導されます。

シラカバ、ハンノキ花粉 :リンゴ 🍎桃🍑さくらんぼ🍒いちご🍓梨🍐梅、ビワ、アーモンド、キウイ🥝人参🥕セロリ、コリアンダー、トマト🍅ジャガイモ🥔クルミ、大豆、モヤシ、ピーナッツ🥜ココナッツ🥥

スギ、ヒノキ : トマト🍅

カモガヤ、オオアワガエリ : メロン🍈スイカ🍉トマト🍅ジャガイモ🥔バナナ🍌オレンジ🍊セロリ

ブタクサ : メロン🍈スイカ🍉ズッキーニ、キュウリ🥒バナナ🍌

ヨモギ : セロリ、クミン、コリアンダー、人参🥕キウイ🥝ピーナッツ🥜

 

この中で、シラカバ・ハンノキー大豆アレルギーとヨモギースパイス・セロリ人参アレルギーは重症化しアナフィラキシーになる事があり注意が必要です。
診断は花粉アレルギーはIgERAST(特異的抗体)採血で分かりますが、食物はIgE特異的抗体採血では偽陰性になりやすく、新鮮な原因食材(果物や野菜など)のプリックテスト(行う施設は少ないですが‥)で正確には食品のアレルギーを確定診断します。最後に花粉と食品の交差反応を証明しますが、市販にはこの交差を証明できる検査はないため、一部のPR-10タンパクが採血で分かるものはRAST特異的IgE採血にて確定診断します。
大豆のPR-10タンパク:Gly m4
ピーナッツ:Ara h2
ラテックス:Hevb6.02

診断が下ったら、原因食材の摂取を避けることが基本ですが、新鮮な果物ではアレルギーがでても加熱処理したジャムや缶詰めなどでは誘発されないこともあり、個々により食べて良いかどうかは異なるようです。

子供の時は全く食べれても10~30代になって花粉ー食物アレルギーを発症することが多く一度発症すると摂取を控え、症状が重症になる例ではエピペンの処方が必要になります。果物が食べられなくなるって悲しいですけれど。

 

自粛期間が長い間続き、子供達は学校が始まらず、お籠もり状態のまま課題や宿題が出たり、特殊な春でした。大人も在宅勤務になったり環境が大きく変わり未知のモノに対する不安も重なり初めての環境に直面しています。
思春期のトリコチロマニア(抜毛症:自分で髪を抜いてしまう)の加療についての細谷律子先生の論文に"気分本意”でなく"行動本意”のアプローチ加療がかかれていました。
"気分”や"感情”は意志で変えられない..が、しかし"感情”はそのまま放置すれば、その経過は山の形をたどるように消失する。
変えられないものは変えようとせず、変えられるものを変えていく。 変えられるものとは"行動”であり、不安や感情・苦悩はそのままにして、今やるべきことをやっていこう!という"行動”本位の実践がすすめられる。"行動”本位の実践が心理的な変化をもたらして"あるがままの生き方”をすすめる森田療法的なアプローチです。

感情や気分は変えようとせず(たとえイライラしたり不安が高まったりしてもそれは必ず山なりに減っていき消えていくはずだから)、変えられる"自分の行動”をとりあえず実践していくことですね。自粛の今ももう少し、感情は変えようとせず、今やるべき行動を。

先日ヨル仕事から帰宅後、子供タチの夕食をつくり、食べさせてホッと一息ソファーでゴロリ。そのとき"お肉は焼いたのかな~”と言いながら登場した夫に思わず、"肉ぐらい自分でやけるのに~”と喉の奥にここまで隠しておいた言葉が声としてホロリと出てしまいました‥‥そしたら、相手も上手(うわて)、”でたでた~。”とサラリと受け流し😃 絶対に意地でもやらないですね😃

そんな時も"感情”は"放置”して、目の前の行動のみ‥?! うーん、まだまだ修行が必要そう‥まあ肉は焼きましたけど😃

« 制汗デオドラント剤について | トップページ | コチニール色素による、皮膚経由の食物アレルギーについて »